カナンスタッフ

KANAN STAFF

あまちゃんクラブってなに?金見あまちゃんクラブ

カナンプロジェクトを盛り上げていくのは、「金見あまちゃんクラブ」のメンバー。
「あまちゃん」の「あま」には、こんな意味があります。

徳之島方言 標準語 目指していること
あまん やどかり 安心して暮らせる場所であるために、自然環境を保護したい。
あま おかあさん 女性がどんどん活躍する場にしたい。
あまくま 方々、あちこち あちこちの人にカナンに来てほしい。

「金見あまちゃんクラブ」は、島の住民や、カナンに住み着いたよそ者、カナンを盛り上げたいと応援している人が参加しています。島人とよそ者の目線をミックスして、カナンの素晴らしさを発見し、旅する人の体験がより思い出深いものになるようにしたい…そんな思いで「金見あまちゃんクラブ」を作りました。
また、「金見あまちゃんクラブ」の活動を行うことによって、カナンが活気づき、地域振興につながることも目指しています。

元田 浩三

元田 浩三

一般社団法人金見あまちゃんクラブ 代表
エコツアーガイド

手つかずの自然が残る土地、カナン。ここは、海も森も人も素晴らしいところです。まだ誰にも知られていないこの場所を、こっそりと探検しに来ませんか?
アダンの木の下に寝ころべば、聞こえるのは風の音と波の音だけ。車の音もしないし、歩く人もいない。都会とは真逆の非日常を味わってほしいんです。
森にはアマミノクロウサギやオカヤドカリが暮らしています。まちあるきツアーやエコツアーでは、きっとこの土地を身近に感じることができるでしょう。
パンフレットやネット情報ではわからないカナンを、旅する皆さんにご紹介します。そのために、志を同じくする仲間たちと「金見あまちゃんクラブ」を作りました。

Story
丸山 勝司

丸山 勝司

一般社団法人金見あまちゃんクラブ
プロモーション担当

地域おこし協力隊として徳之島で活動し、3年の任期が終わった後に移住しました。徳之島の中心地はそれなりに発展していて、不便なことはないのですが、カナンは中心部とは全く違っています。島感…とでもいうのでしょうか。ぼくが島に期待するもの全てがカナンにはありました。
単純にカナンが好き…そんな気持ちを抱いていたところ、元田さんがカナンプロジェクトを立ち上げると聞いて、何かの力になれればと参加しました。カナンの魅力をSNS等で発信しながら、アクティビティのサポートもしていきます。ぼくの惚れたカナンを、ぜひ見に来てください。

川口 明

川口 明

徳之島町地域おこし協力隊
アクティビティ担当

出身は熊本県です。2018年に地域おこし協力隊として徳之島に赴任してきました。カナンプロジェクトでは、サイクリング、イノーカヤック、SUP(Stand Up Paddleboard)などの体験アクティビティを担当しています。
カナンはいい意味で何もないけれど、すべてがあるところでもあります。五感で自然を感じることができる方なら、きっとその良さをわかっていただけるのではないでしょうか。
「ジビエカフェとうぐら」の前にはサンゴ礁のリーフがあり、エメラルドグリーンに輝く海の美しさにびっくりすると思いますが、潮の状況では、流れが速くなり危険なこともあるので、天候や干潮満潮の状況を見極めながら、旅する方を安全にご案内いたします。

松村千絵

松村千絵

一般社団法人金見あまちゃんクラブ
広報担当

徳之島出身の夫との結婚がきっかけとなり、2008年に東京から移住しました。
島の中でもカナンは、アマミノクロウサギが暮らす森、紺碧の海と星砂の砂浜で囲われている所に集落があるので、自然と人が共存している素晴らしい地域だと感じています。
そして、初めて訪れた方でも「なんだか懐かしい」と感じられる「みんなの故郷」のような不思議な魅力を持っています。このような環境の中で、子育てができるなんて幸せです。
独身時代の仕事がテレビ番組のディレクターだったので金見あまちゃんクラブでは、動画の作成やSNSでの発信を通して、カナンの良さを伝えていきたいと思っています。

元田ミユキ

元田ミユキ

ジビエカフェとうぐら
店長

元田なほ子

元田なほ子

ジビエカフェとうぐら
スタッフ

元山洋子

元山洋子

ジビエカフェとうぐら
スタッフ